ゼロから発想を生むチカラ

成長出来る人

メガネ

マックやベネッセで知られる原田泳幸は非常に努力家という一面も持っています。数々の名言を残している人でもありますし、学べる部分もあるでしょう。原田泳幸を目標にする人もいるのです。

続きを読む

名言で見る人柄

ダーツ

ベネッセ問題など、トラブルもありましたが伝説を成し遂げた一人でもあります。原田泳幸は一人の男としても魅力溢れた人物なのはいうまでもありません。その証拠に素晴らしい名言を残しています。

続きを読む

働くだけではない

メガネとペン

家族を養う為に働くのは当然です。しかし他の実業家がいう言葉とは裏腹に、原田泳幸は私生活の大事さを使えた人でもあります。現代人は特に働き過ぎです。原田泳幸の言葉を信じましょう。

続きを読む

無駄を削る

ノートの上のメガネとペン

多くの偉業を達成した原田泳幸は無駄な作業を削ることを意識した経営者です。そうすることで仕事の効率を上げることができたので、今も尚マクドナルドが守られているのです。

続きを読む

辞任した

リーダーとなりたい人はお手本が必要です。原田泳幸はビジネスマンのお手本として有名な人物で、その功績は常に注目されています。

地球

海外生まれのファーストフード店、マクドナルドは人気もあったのか2011年にかけて着実に店舗の数を増やしていきます。この頃、話題に上がったのがチーズバーガーやハンバーガーなどテイクアウトが出来るメニューでその当時、非常に大きな話題を読んだのです。経営者として活躍した原田泳幸は2015年3月付で会長を辞任しており、マクドナルドの今後の行く末が気になるところですが、振りかかる数々の問題を解決へ導き出したのも原田泳幸だったと言われています。別の場所ではカリスマ経営者と呼ばれているほどで、今後もその姿は来世に受け継がれていくことでしょう。さて、マクドナルドというと、主にパティが美味しいですが他にも魅力的なメニューが揃っています。100円マックは学生や軽食として手軽に味が楽しめるとして人気を呼びましたし、集客数もアップしています。都心にいくと、どの席も埋まるほど大繁盛していましたが原田泳幸は影で業績低迷の悩みを抱えていたのです。30年以上経営者としての権力を握ってきて何度も危機にさらされていましたが、後にいた経営者の後から続く赤字に何度も何度もくじけそうになりましたがさすがカリスマ経営です。原田泳幸は経営不振である今の状態を学生や働くサラリーマンが軽食として利用していた100円マックで多くの集客を得るまでに持ち直しました。これには業界も驚きを隠せず赤字経営に追い込まれたマクドナルドは原田泳幸のひらめきによって業績回復をしたのです。

マクドナルドを利用する際、消費者としては、100円マックと手軽にしかもワンコインで食べられるのは学生だけではなく多くの人が費用面で助かったでしょう。特にお小遣い制の場合は、こうした安くて沢山食べられるサービスも中々ありません。原田泳幸はもはや天才だと言えるでしょう。しかし、また異変がおきます。これまで順調に業績を伸ばしていたと思われていた数字は落ちるようになり、また経営不振に追いやられたのです。これを受け、2012年の売上を回復させる為に新社長として別の人が抜擢される事態に発展しました。ただ、悪い面だけではありません。淹れたてのコーヒーは多くの舌をうならせるほどですし、カフェで飲むよりも味が良いと定評を受けています。そして今もなお、マクドナルドを利用する人が多いのは原田泳幸の存在があったからでしょう。今の時代はファーストフード店がないと生きていけません。マクドナルドもそれに該当するのです。